クメウ・リヴァー
ヴィレッジ・ピノ・グリ 2017

Kumeu River
Village Pinot Gris 2017

通常価格Retail:¥2,750 税込 Tax included
¥2,338 税込 Tax Included
(通常価格より 15% 割引)
商品コード Item Code: 5407017
カートに追加しました。 Added to Cart
カートへ進む Proceed to Checkout
典型的な桃やアプリコットに加えピノ・グリらしいフローラルなアロマを感じ、生き生きとして複雑な味わいが口に広がります。様々な料理に合わせやすく、チリを使ったスパイシーフードにも合う数少ないワインです。

地方:オークランド
産地:クメウ
品種:ピノ・グリ100%
醸造:手摘みで収穫後、房ごとプレス。天然酵母によりステンレスタンクで発酵。残糖約8.5g/ℓ

Certainly a very layered and complex Pinot Gris. The indigenous yeast fermentation took place in tanks over an extended period, in conjunction with a partial malo-lactic fermentation. The 10 grams per litre of residual sugar is hardly noticeable due to the concentration of flavor and the textural richness that this wine displays.
The aromas have typical peach and stone fruit notes tinged with the floral spiciness that we have come to expect from Pinot Gris. On the palate the wine is rich and complex with lovely length of flavor.

Varietal: 100% Pinot Gris

Kumeu River
クメウ・リヴァー

オークランドから北西に約20キロ離れたクメウ地区にユーゴスラビアから移住したブラコヴィッチ・ファミリーが1944年に設立したワイナリーです。当主のマイク・ブラコヴィッチは1949年に亡くなり、妻のケイトと息子のマテがブドウ栽培とワイン造りを引き継ぎ、ワイナリーの評価を高めました。マテはニュージーランドのワイン業界でも名が知られており1982年から1985年にはニュージーランドワイン・インスティチュートの委員長も務めました。1992年にマテが亡くなった後は、彼の妻メルバと3人の息子がワイナリーを守っています。醸造責任者を務める長男のマイケルは1989年にニュージーランド初のマスター・オブ・ワインとなりました。


Kumeu River Wines was established in 1944 when Mick and Kate Brajkovich first came to the small country settlement of Kumeu, about 20 km northwest of Auckland City. The family had migrated to New Zealand in 1938 from Dalmatia, the coastal part of Croatia. They came from a village called Zivogosce, not far from the town of Makarska. Mick Brajkovich died in 1949, but son Mate continued to tend the vines, make the wine and build the reputation of this fledgling wine company. The 1980s brought great changes and a move towards high-quality table wines made from varieties such as Chardonnay, Sauvignon, Pinot Noir, and Merlot which were produced from newly developed vineyards in Kumeu.

カテゴリ一覧 Categories

ページトップへ